1. ホーム
  2. 宅建士の試験情報
  3. ≫ 宅建士の合格までに必要な勉強時間と勉強開始時期は?

宅建士の合格までに必要な勉強時間と勉強開始時期は?

    man08宅建士の試験対策を行う際に「試験の何ヶ月前から勉強を始めたらよいか?」という疑問が出てくると思いますが、受験生の基礎知識の有無や1日に取れる勉強時間によって開始する時期も変化してきます。

    一般的には、宅建士試験を知識ゼロから取得する場合は300時間位、不動産業務に従事されていてある程度基礎知識がある方で200時間位は必要になると言われております。

    では、この勉強時間をこなすのにどれ位の期間が必要になってくるのかを働きながら試験対策をされるサラリーマンの方を想定して時間配分のシュミレーションしてみましたので、そちらで確認をしていきたいと思います。
    ※一応、管理人の生活環境を想定してます^^

    clockサラリーマンの勉強時間シュミレーション
    ◆平日(月~金曜) 1日の勉強時間
    通勤中の電車の中(往復) 1時間
    帰宅後に嫁子供が寝てから・・・ 1時間
    ⇒ 平日5日間の勉強時間(1日2時間 × 5日間) 10時間
    ◆休日(土~日曜) 1日の勉強時間
    家族サービスの合間に 1時間
    やっぱり嫁子供が寝てから・・・ 2時間
    ⇒ 休日2日間の勉強時間(1日3時間 × 2日間) 6時間
    ◆1週間の勉強時間合計
    10時間(月~金) + 6時間(土~日) 16時間
    ◆1日の平均勉強時間
    16時間(月~日) ÷ 7日間 2.29時間
    【何日間勉強すればよいか?】
    基礎知識ナシの場合 (300時間 ÷ 2.29時間) 131日間
    基礎知識アリの場合 (200時間 ÷ 2.29時間) 88日間
    【何ヶ月間勉強すればよいか?】
    基礎知識ゼロの場合 (131日間 ÷ 1ヶ月は30日) 4.36ヶ月
    基礎知識アリの場合 ( 88日間 ÷ 1ヶ月は30日) 2.93ヶ月

    基礎知識ゼロの方で約4ヶ月半、基礎知識アリの方で約3ヶ月は勉強期間が必要なことは上記のシュミレーションで見えてきます。

    ただ、おそらくこんなにキッチリとこなすことはほぼ不可能と思われますので、まぁ頑張って1日平均2時間は勉強するとした場合は以下の勉強期間が必要になってきます。

    基礎知識ナシの場合
    300時間÷1日2時間÷1ヶ月30日間 5.0ヶ月
    基礎知識アリの場合
    200時間÷1日2時間÷1ヶ月30日間 3.4ヶ月

    少し期間は延びますが、まぁ現実的にはこんなもんじゃないでしょうか?

    で、具体的な試験勉強の開始時期で言えば、本試験が10月中旬なので基礎知識ナシの方で4月頃から、基礎知識アリの方で6月頃から始めれば十分間に合う計算になります。

    まぁ、4月からであれば何かを始めるにはちょうどイイタイミングなので、気持ち的にもスタートしやすいでしょう。

    新入社員として社会人を迎えた方や就職活動向けの武器として宅建士を持っておきたい方などは、上記の勉強開始タイミングを目安にスタートを切って頂ければよいかと思います^^

      平成29年度向け 宅建士のおすすめ通信講座!

      1. フォーサイトの宅建士通信講座

        フォーサイトの宅建士通信講座

        フルカラーのテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン撮影による講義など教材のクオリティはピカイチです。複雑な法律の仕組みも分かりやすい言葉で説明してますので初学者の方にオススメの講座です。

      2. クレアールの宅建講座

        クレアールの宅建講座

        合格必要得点範囲を短期間で確実に習得することをコンセプトに出題傾向の高い部分に的を絞ったテキストと理解を浸透させる講義で実現している講座です。業界最安水準の受講費用も魅力的です!

      3. KIYOラーニングの宅建士通勤講座

        KIYOラーニングの宅建士通勤講座

        参考書などの書籍を全く使わない画期的なEラーニングシステムを採用し実績を上げている資格講座です!受講料もリーズナブルで独学とそれほど変わらない費用で受講できるのもかなり魅力的!