1. ホーム
  2. 宅建士の試験情報
  3. ≫ 宅建士試験の合格率が低くなってしまう2つの理由

宅建士試験の合格率が低くなってしまう2つの理由


相談する人宅建士試験は法律系・ビジネス系資格の中でも比較的、難易度は低いほうだと言われております。

しかし、試験の合格率については以下の表からも分かる通り毎年15~17%であり、決して簡単な試験ではないことはこの数値からも読み取れるでしょう。

実施年度申込者数受験者数合格者数合格率合格点
1999年(平成11年)222,913人178,384人28,277人15.9%30点
2000年(平成12年)210,465人168,094人25,928人15.4%30点
2001年(平成13年)204,629人165,104人25,203人15.3%34点
2002年(平成14年)209,672人169,657人29,423人17.3%36点
2003年(平成15年)210,182人169,625人25,942人15.3%35点
2004年(平成16年)216,830人173,457人27,639人15.9%32点
2005年(平成17年)226,665人181,880人31,520人17.3%33点
2006年(平成18年)240,278人193,573人33,191人17.1%34点
2007年(平成19年)260,633人209,684人36,203人17.3%35点
2008年(平成20年)260,591人209,415人33,946人16.2%33点
2009年(平成21年)241,944人195,515人34,918人17.9%33点
2010年(平成22年)228,214人186,542人28,311人15.2%36点
2011年(平成23年)231,596人188,572人30,391人16.1%36点
2012年(平成24年)236,350人191,169人32,000人16.7%33点
2013年(平成25年)234,586人186,304人28,470人15.3%33点
2014年(平成26年)238,343人192,029人33,670人17.5%32点
2015年(平成27年)243,199人194,926人30,028人15.4%31点
2016年(平成28年)245,742人198,463人30,589人15.4%35点
2017年(平成29年)258,511人209,354人32,644人15.6%35点
2018年(平成30年)265,444人213,993人33,360人15.6%37点
2019年(令和元年)276,019人220,797人37,481人17.0%35点

確かに出題される問題の難易度に関してもそれ相当のものが用意されておりますが、宅建士試験については試験そのものの難易度以外に資格の持つ特性や試験制度が合格率を下げている理由にもなっております。

管理人的には宅建士試験の合格率が低くなってしまう理由が大きく分けて2つあると考えておりますので、それらを順を追ってご紹介したいと思います。

理由その1
受験資格の制限がない=受験生のレベルを下げている

man07宅建士試験は「宅建士の試験概要」の記事でもご紹介している通り、年齢、学歴、実務経験による受験制限がなく、いわば誰でも受験をすることが出来る資格試験です。

また、受験料も7,000円と国家試験の中でも標準レベルの部類に入りますので、

「とりあえず受けとくか?」

といった感じで申し込む方も多いでしょう。

誰でも気軽に申し込めるというのはもちろん良い点ではありますが、中にはほとんど試験対策をせずに受験に臨む方も少なくはないでしょう。

そうなってくると宅建士試験の対策をきっちりと行っている方の割合もおのずと下がってしまいますので、結果的に合格率自体が全体的に低くなってくると考えられます。

理由その2
入社早々に宅建士試験を受験させられるケースが多い

勉強してる人宅建士試験は不動産業界において基本となる知識を学習するには持って来いの資格であり、実務として資格を持っていないと出来ない独占業務もあるため、入社すればすぐに宅建士試験の勉強をさせるところが非常に多いです。

また、不動産業界でなかったとしても不動産を取り扱う業種であれば同じく早期取得を促すところもあります。

ここから読み取れることとして、会社から半ば強制的に受験させられている方も多いと推測され、十分な準備をせずに本試験日を迎える方も少なからずいると思います。

中にはそのまま頑張って宅建士資格をゲットされる方もおられると思いますが、まぁ、結果としてそれ程高くない合格率から頑張り切れない方々が多いかと推測されます。

あと、合格率からは少し逸れますが、毎年23万人近くの方が申込みをしてますが、受験者数としては18~19万人と5万人近くが試験を受けていないことがわかります。

普通に試験当日予定が入って受験できない方もおられると思いますが、
おそらく、、

「あ~全然勉強してね~、、、こんなんで受けても絶対受からんし、せっかくの日曜ってのもあるから試験ブッチするか。。。」

といった感じで受験されていない方も多いと思います。

ちなみに余談ですが、、、
未受験者(毎年平均45000人) × 受験料(7000円) で
3億1500万円が労せず運営側に入ってくるので、見方を変えればイイお客さんといったところでしょうか。。

結論:合格率はあまり気にしないようにしましょう!

気合入れ中サラリーマン少し話が脱線してましたが、ここまで紹介した理由により宅建士試験の合格率が15~17%になっていると考えられます。

ただし、試験自体の合格基準としては受験者の上位○○人とかの判定ではなく、問題正解数が36点以上、割合にして72%以上あれば宅建士試験に合格することが出来ます。

なので、ここまで説明しといてアレですが、宅建士試験の合格率のことはあまり気にせずに本試験で気持ち80%をクリアすることにだけ専念するようにしましょう!

なお、試験当日の受験会場では「コイツらほとんど養分だろ?」くらいのつもりで臨めば多少気は楽になると思いますよ^^


2020年度向け 宅建士のおすすめ通信講座!

  1. フォーサイトの宅建士通信講座

    フォーサイトの宅建士通信講座

    フルカラーのテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン撮影による講義など教材のクオリティはピカイチです。複雑な法律の仕組みも分かりやすい言葉で説明してますので初学者の方にオススメの講座です。

  2. スタディングの宅建士通勤講座

    スタディングの宅建士通勤講座

    参考書などの書籍を全く使わない画期的なEラーニングシステムを採用し実績を上げている資格講座です!受講料もリーズナブルで独学とそれほど変わらない費用で受講できるのもかなり魅力的!

  3. クレアールの宅建講座

    クレアールの宅建講座

    合格必要得点範囲を短期間で確実に習得することをコンセプトに出題傾向の高い部分に的を絞ったテキストと理解を浸透させる講義で実現している講座です。業界最安水準の受講費用も魅力的です!